MENU

カテゴリー

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字ってのを買ってみました、面白いです

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 本体L字

※ このサイトはAmazonアソシエイトや Google Adsense等のアフィリエイト広告を利用しています

年末年始、いろいろとセールやってましたね。

セールって「売る」のは当たり前なので変な言い方で、バーゲンセールってことですかね。

少し物欲も衰えているところで、これはどうしてもほしいという感じのものもなかったのですが、最近頑張っているCIOさんがいろいろと安く販売されるような記事を見かけて、ちょっと眺めてみました。

以前から、実際にどれくらいのワット数で充電されている状態なのかがわかるような小道具があるといいなと思っており、CIOさんの充電ケーブルのバリエーションの中に、液晶にワット数が表示されるものがあり、かつ、シリコンの柔らかくて絡みにくいタイプ、しかもL字もあり、ということで、そこそこお安くなっていたこともあり、早速購入してみました。

各所でセールをやっている最中の購入だったせいか、手元に届くのに1か月近くかかりました。

ご紹介します。

もくじ

  1. 概要・スペックほか
  2. 開封と実物紹介
  3. 使ってみて雑感

1. 概要・スペックほか

Amazonの商品ページはこちらです。

CIOのWebサイトはこちら

CIOの中の商品ページはこちらです。

以下にAmazon商品ページからの引用中心にご紹介します。

支障がありましたらお知らせください。

特長

Amazonの商品ページから

CIO-SL-SC

CIO-SL-SC

CIO-SL-SC

CIO-SL-SC

CIO-SL-SC

CIO-SL-SC

CIO-SL-SC

  • 【充電出力が確認できるケーブル】充電速度をリアルタイムで確認できる液晶ディスプレイを搭載。「45W」「65W」といった最大100Wまでの充電出力状況や、iPhone充電時に「PD」といった急速充電表示が出るなど、本来見えないものが見え、心をくすぐってくれます。
  • 【しなやか過ぎて絡まない、折り曲げテスト30,000回クリアのシリコンケーブル】外装にシリコン素材を使用したことで、従来のケーブルにはない柔らかい質感を実現しました。優しい使い心地をご体感ください。カバンやポケットに入れても絡みにくく、出し入れもスムーズに行えます。折り癖や巻き癖が付きにくいため、いつでもストレスフリーにご使用いただけます。30,000回の折り曲げテストを実施し、断線しにくい優れた耐久性を実現。ケーブル内部のワイヤーを断線から保護し、安心して急速/高速充電することが出来ます。
  • 【便利で端子に優しいL字コネクタ】L字コネクタはスマホゲームや動画視聴、ノートパソコンの充電時にケーブルの取り回しが向上し、省スペース化にも便利です。
  • 【PD 急速充電 100W 対応で様々な機器を安定して充電】100Wの大出力やUSB-PDにも対応するケーブルを採用しているので、スマホだけではなく、ノートPC (MacBook Pro / Surface / Lenovo など)もらくらく充電可能。※100W急速充電には100W出力以上に対応したACアダプタが必要となります。お持ちでない方はCIOが販売する充電器がおすすめです。
  • 【対応機種】iPhone15 / iPhone15 Pro / Pro Max / Plus、SONY XperiaやSamsung Galaxyなどの各種Android端末はもちろん、100W充電に対応しているのでUSB-C対応のiPad ProやiPad Air / mini、Macbook ProやSurface、LenovoなどのノートPC/Laptop、Switchなどあらゆるデバイスに対応。
  • 【CIO 安心保証対応】日本メーカーとして動作不良にもしっかりと対応させていただきます。初期不良やご使用中の製品不良の際はまずはお問い合わせくださいませ。お問い合わせ時はAmazonのご注文番号をお伝えいただくとスムーズです。
    ※動作検品時に製品を開封し、問題ないものを納品させていただいております為、開封痕がある場合がございます。間違いなく新品未使用の為ご安心いただけますと幸いです。
    ※液晶部にフィルムを貼っており傷が付いているように見えますが、フィルムをはがすと綺麗な液晶画面となります。

2. 開封と実物紹介

開けてみましょう

できの悪い写真でいくつか実物を紹介。

意外と大きめの外箱です。

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 外箱表
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 外箱表

裏面、しっかりと対応規格や指令などが明記されています。

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 外箱裏
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 外箱裏

ケーブルの他にいくつか紙が入ってます。

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 一式1
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 一式1
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 一式2
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 一式2

説明に加えて、いろいろと案内が書かれています。

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 説明書
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 説明書

シリコンです。

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 本体1
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 本体1

L字にして、液晶付きです。

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 本体L字
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 本体L字
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 本体2
HUAWEI FreeBuds 5i 付属イヤピース

結束用のバンドがついているのがありがたいです。

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 ケーブルまとめ
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 ケーブルまとめ

ストレートの側です。

CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 本体ストレート
CIO USB-Cシリコンケーブル液晶ディスプレイL字 本体ストレート

少しシンプルなパッケージでも良いかな、という気もしますが・・・

3. 使ってみて雑感

使ってみた感想

スペック・機能などの面から

  • 柔らかくしなやかなシリコンケーブルで柔軟かつ絡みにくい
  • L字で突起少なめで邪魔になりくく、ぶつけてしまう心配も少なく安心
  • シリコン+L字で取り回しが大変良い
  • PD対応
  • 100W対応
  • 給電ワット数が確認できる

このシリコンケーブルはすでにご紹介しています。

本当に使いやすいんですよね。

めちゃくちゃ柔らかい上に、変に絡まない。

これですでに取り回しはめちゃくちゃ良いです。

しかも、今回はL字です。

いつも思うのですが、あんなに出っ張っているケーブルをさしておくのはどう考えても不自然、というか、ついうっかり当たったりして変な力がかかれば、ケーブルというよりもむしろ端末等の本体側も壊れてしまうリスクが高いと思うのですが、どうしてこういう変なものの作り方をするのでしょう。

当たり前になっててあまり考えませんが、もう少し、機器に優しい作りってできるんじゃなかろうか、とよく思います。

それはさておき、L字になっているので、向きを考える必要が生じることはありますし、時にさせないようなケースも出てくるのではないかとは思いますが、それはそれ、それよりも、あんまり出っ張らない安心感が嬉しいです。

よって全体として取り回しが大変良くて、使い勝手が大変良いということになります。

これで、100W充電まで対応しているのはいいですね。

ほんとに充電早いほうが嬉しいですし、特にノートPCを使う場合は、専用のACアダプターが付いていますが、あれを使うのは本当に面倒で、いちいち専用と思しきアダプターを出してきて邪魔くさいトランスを横目に充電しなきゃらないのはちょっとした不愉快さですが、それよりもPDで充電できれば、それで十分なわけで、そういうときには65Wクラスでの充電に対応していないと、充電中なのにバッテリー残量が減っていくということが起こります。

ということで、もちろん充電アダプター側も100Wとまでは言わないまでも、65W程度の出力に対応してくれていて、で、ケーブルも同様であれば、ノートPCクラスへの充電も十分ですし、もちろん、スマートフォンからイヤフォンなど、何でも充電可ということで、荷物の軽量化にも繋がりますし。

ほんとに世の中すべてのケーブル接続はUSB-Cで統一するくらいの勢いが欲しいですね。

加えて、今回のこのケーブルは小さな液晶画面に給電中のワット数が表示されるという。

これ自体はさしたる意味はないわけですが、実際どのくらいのワット数で充電されているものだろうか、と、ふと気になることがある場合に、これが見えれば、なるほどー、と嬉しくなります。

CIOさんの充電アダプターとこのケーブルを繋いで、いろいろなものを充電してみているのですが、なかなか面白いです。

イヤフォンなんかだとほんとに数ワットですね。

手持ちのノートPCだと、充電中は最大で60Wくらいまで行きました。

満充電状態になると、使用状態、つまり負荷の状態だと思いますが、それに合わせて10Wから60W位の間でどんどん変動していきますね。

見ていると買ったアダプターが仕様通りなのかとか、確認できるので嬉しいですね。

ま、だからどうだということでもないわけですが。

良いです。

使ってみて良かったところ

  • 取り回しが大変良い
  • L字で安心
  • 充電スピードが早い
  • 充電中のワット数が確認できる

いずれも上に書いたとおりですね。

使ってみて気になったところ

  • なし

なにもないです。

向きが気に食わないとかなんとか変なレビューを見た気がしますが、そんなものはしょうがないです、どちらかにL字なんだから。

使ってみて

取り回しが大変良くって、L字で安心、充電スピードが早い、で、ワット数も見れる、素晴らしいです。

まとめ

若干お高めではありますが、それだけのことはあると思います。

使いやすくて、かつ性能も十分、充電速度も見れるケーブルをお探しなら、これです。