MENU

カテゴリー

セールがあると話題になるAnker 511 Power Bankというモバイルバッテリー兼ACアダプターを買ってみました

Anker 511 Power Bank 本体 上から

※ このサイトはAmazonアソシエイトや Google Adsense等のアフィリエイト広告を利用しています

Amazonがプライム感謝祭なるものを実施してました。

何かしらちょくちょくやってるのでだんだん気にしなくなってきているところもあるのですが、どうしても目に止まってしまうので、あ、これは良いのかも、とか思ってつい見始めてしまう、というようなことがちょくちょく発生してしまう、という距離感でいました。

でも、いろいろブログやら眺めていると、今回は何やら結構安いものが多い、との話が。

なんとなくいつもよりチェック頻度が高めになっていたところに、急に、いつも気になって少し眺めて、うーんでも結構な値段だし、そうそう使う場面も多くなさそうだし、と踏ん切りが悪くて最後の購入ボタンをクリックしないまましばらく待っていると、そのうち安売り価格では売り切れてしまう、ということを繰り返していた、Ankerのモバイルバッテリー兼ACアダプターといった感じのAnker 511 Power Bankというやつが、まあまあ安くなってるではないですか。

いつもの通り、カートに入れて暫く悩むことにしました。

で、どうなったかなと半日後くらいに見てみると、案の定、安売りのブラックは売り切れ、通常価格のピンクとブルーが在庫ありの状態になってました。

またいつものことだなと、ホッとしたようながっかりしたような気持ちで、他のアイテムのチェックなんかをしていたところ、ふと見るとまた在庫が復活しているではないですか。

これは、今回はなにかの縁だと感じました。

ということで、カートに入れて、お財布との兼ね合いで、カートの中身の要不要をしばし再吟味して、で、あらためて購入する決意を固めて、本商品と他の商品、まとめてカートから購入に至った、というわけです。

このバッテリー、評判いいですよね、というか、よく見ます、良いって書かれているものを。

これまでたまたまご縁がなかったわけですが、今回はめぐり合わせということで、入手するに至りましたので、簡単ですがご紹介します。

もくじ

  1. 概要・スペックほか
  2. 開封と実物紹介
  3. 使ってみて雑感

1. 概要・スペックほか

Amazonの商品ページはこちらです。

Ankerのウェブサイトはこちらで、商品ページはこちらです。

以下に引用などでご紹介します。

支障がありましたらお知らせください。

特長

Amazonの商品ページから

1
A1633_banner

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)

Fusionシリーズ初のリップスティック型 ポーチやミニバッグにもすっぽり入る小型デザイン
※製品、取扱説明書にて「511 Power Bank(PowerCore Fusion 5K)」と記述になっておりますが、「511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)」となりますので、問題ございません。

製品の仕様

サイズ:約 113 × 30 × 30 mm(※プラグ部を除く)
重さ:約 170 g
入力:100-240V~ 0.5A 50-60HZ
USB-C 出力:5V=3A / 9V=2.22A(MAX 20W)
容量:5000mAh

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
Fusionシリーズ初 リップスティック型Anker PowerCore Fusionシリーズ初のリップスティック型が登場。ポーチやミニバッグにもすっぽりと収まる小型デザインを実現しました。ストラップ付きで取り出しやすく、折りたたみ式プラグを採用しているため持ち運びにも最適です。1台で2役のハイブリッド設計USB急速充電器とモバイルバッテリーの利便性を組み合わせたAnker PowerCore Fusionシリーズ。家の中でも外出先でも便利にご利用いただけます。iPhone 14にも急速充電MAX 20W出力で、iPhone 14へ急速充電が可能です。一般的な5W出力の充電器に比べ、3倍速く充電できます。(※iPhone 14を0%から30分充電した場合との比較。Anker調べ)
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)power iq 3.0(gen2)Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
本体への充電も簡単コンセントにさすだけで本体への充電が可能。ケーブルは不要です。たった約2時間30分で満充電できます。(※Anker調べ)PowerIQ 3.0 (Gen2)Anker独自技術PowerIQ 3.0 (Gen2)を搭載。USB Power Deliveryとの互換性をさらに高めながら、Qualcomm Quick Chargeなどの充電規格にも対応し、より幅広い機器への急速充電に対応しました。幅広い対応機種iPhone14などのスマートフォン、iPadを含むタブレット端末等の幅広い機器に急速充電が可能です。(※ケーブルは別売りです)

対応機種

スマートフォン
– iPhone 14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Max / iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max / iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE (第2世代) / SE (第3世代) / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus 他
– Galaxy S22 / S22 Ultra / S21 / S21+ / S21 Ultra / S20 シリーズ / S10 シリーズ / S9 シリーズ / S8 シリーズ 他
– Pixel 7 / 6 / 5 / 4 シリーズ / 3 シリーズ 他
タブレット端末
– iPad (第9世代) / iPad (第8世代) / iPad (第7世代) 他
– iPad mini (第6世代) / iPad mini (第5世代) 他
– iPad Pro (12.9インチ) (第2世代) / iPad Pro (12.9インチ) (第1世代) / iPad Pro (11インチ) (第2世代) 他
– iPad Air (第5世代) / iPad Air (第4世代) 他
その他の対応機種
– Apple Watch 他

注意:
・USB-Cポートは出力専用のため、入力用として使用しないでください。本体充電時はコンセントをご使用ください。
・電池容量が5000mAhのため、iPhone 14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Max / 13 / iPhone 13 Pro / 13 Pro Max への満充電回数は1回未満になります (※Anker調べ) 。
・ケーブルやポーチは付属しておりません。
・本製品は、高負荷が続く場合に高温になる場合がありますので、充電中は触れないようお願いいたします。最高温度に達した場合でも、国際的な規格であるIEC 62368-1が定める上限温度を下回る設計のため、問題はございません。
・製品の仕様は予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。
・製品パッケージは予告なく変更になる場合がございます。ご購入時期によっては異なる製品パッケージでお届けする可能性がございますので、予めご了承ください。なお、製品自体には違いはございません。
・本製品の動作温度は約0℃~35℃です。電熱ベストの発熱箇所など動作温度を超える場所でのご利用はお控えください。

  • Fusionシリーズ初のリップスティック型:Anker PowerCore Fusionシリーズ初のリップスティック型が登場。ポーチやミニバッグにもすっぽりと収まる小型デザインを実現しました。ストラップ付きで取り出しやすく、折りたたみ式プラグを採用しているため持ち運びにも最適です。
  • 1台で2役のハイブリッド設計:USB急速充電器とモバイルバッテリーの利便性を組み合わせたAnker PowerCore Fusionシリーズ。家の中でも外出先でも便利にご利用いただけます。
  • iPhone 15にも急速充電:最大20W出力で、iPhone 15シリーズへ急速充電が可能です。一般的な5W出力の充電器に比べ、最大3倍速く充電できます。(※iPhone 15を0%から30分充電した場合との比較。Anker調べ)
  • PowerIQ 3.0 (Gen2):Anker独自技術の PowerIQ 3.0 (Gen2) を搭載。USB Power Deliveryとの互換性をさらに高めながら、Qualcomm Quick Chargeなどの充電規格にも対応し、より幅広い機器へのフルスピード充電が可能となりました。
  • パッケージ内容:Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)、取扱説明書、カスタマーサポート

2. 開封と実物紹介

開けてみましょう

できの悪い写真でいくつか実物を紹介。

いつもの青(と白)を基調としたパッケージの紙箱に入ってます。

Anker 511 Power Bank 外箱
Anker 511 Power Bank 外箱

うーん、またも中にプラを使った内箱があって、そこに鎮座してる、って感じです。

それにしても、意外と大きい。

Anker 511 Power Bank 出したところ1
Anker 511 Power Bank 出したところ1

プラじゃなくって紙の内箱じゃだめですかね。

Anker 511 Power Bank 出したところ2
Anker 511 Power Bank 出したところ2

正面にうっすらロゴあり。

ぶら下げられるような感じでしっかりしたストラップが付けられています。

好みはあるかもしれませんが、なんだかんだでアリな気がします。

Anker 511 Power Bank 本体 上から
Anker 511 Power Bank 本体 上から

裏、というかコンセントがある側ですね。

Anker 511 Power Bank 本体 裏から
エレコム Fire TV Stick専用スタンド型アダプター 本体2

コンセントプラグを引き出したところ。

いい感じです。

しかし、ふむ、こっち側にUSB-Cの口がある・・・

Anker 511 Power Bank 本体 コンセントプラグ
Anker 511 Power Bank 本体 コンセントプラグ

USB-Cがはっきりくっきり。

Anker 511 Power Bank 本体 コンセントプラグとUSB-C
Anker 511 Power Bank 本体 コンセントプラグとUSB-C
Anker 511 Power Bank 本体 USB-C
Anker 511 Power Bank 本体 USB-C

シンプルでわかりやすくて良いです。

3. 使ってみて雑感

使ってみた感想

スペック・機能などの面から

  • シンプル
  • ボタンとLEDライトで残容量がすぐに分かる

モバイルバッテリーですので、何も複雑なことはありませんが、シンプルで結構です。

大きめのボタンが1つあり、その縁のあたりに小さなLEDライトが4つあり、1つ25%分の残量を示しています。

シンプルでわかりやすくていいです。

それ以外には、操作など必要ありません。

使ってみて良かったところ

  • 本機への充電スピードは購入時(LED1つ)のフル充電で2時間程度とまずまず
  • ACアダプターとして使う場合でPixel Foldへの充電スピードも1時間で25%が95%程度と結構速い
  • バッテリーでも同様に1時間で25%が85%程度と結構速い

本機への充電中には1つのLEDライトが点滅して充電であることを示しつつ、点灯中のライトの数で残量を示しつつ、4つ点灯して完了するとしばらくするとライトが消える、という仕組みになっていて、わかりやすいです。

本機は、コンセントに挿して使っている場合は、ACアダプターの充電器として、バッテリーからではなく直接充電される仕組みになっているようで、結構早くスマホなどを充電してくれます。

また、モバイルバッテリーとして使う場合でも、ACアダプターとして使うよりは少し遅いですが、それでも結構早く充電してくれます。

出先でのピンチの際にはたいへん助かるモバイルバッテリーです。

出先でも利用可能ならサクッと本機を取り出して、本機自体に充電しておくことも簡単に可能なので、安心感が増します。

モバイルバッテリー兼ACアダプターというのは、ありそうでない、便利なものだと思いました。

使ってみて気になったところ

  • USB-Cの差込口、ここじゃないほうが良いと思う
  • リップスティック型かもしれませんが、大きさは、想像よりは大きい
  • ノートPCの充電は無理

本機については、いろいろなところで書かれてると思いますが、これです。

なぜこの位置に??と思っちゃいます。

ACアダプターとして使うとなると、家庭によくある2口のコンセントの1つを使い、もう1つは潰してしまうことになります。

どうしてこうなっちゃったんでしょうか。

日本で一般的なコンセントの形状は世界では普通ではないんですかね。

少し考えたらわかることのような気がしますが、使うたびに首を傾げてしまいます。

ホント残念な形です。

次期製品ではこの点は改善していただきたいです。

それから、意外に大きい、って感じがします。

リップスティック型って言う言葉で変に想像が膨らんでたのかもしれませんが、実物見た瞬間は、あれ、結構大きい、と感じました。

コンセント部分もあるのでどうしてもこうなっちゃうのかもしれませんが、5000mAhという容量を考えると、結構大きめじゃないかなと感じました。

あと、フル充電とかは無理としても、少しでもノートPCに充電することができるなら、一層便利だろうと想像しますが、本機ではPCへの充電は無理とのことで、ちと残念ではあります。

贅沢かもしれませんが。

使ってみて

ありそうでなかったモバイルバッテリーとACアダプターを兼ねた製品です。

それぞれ1つずつ持つとなるとそれなりにかさばるものになってしまうと思いますが、これなら1つです。

形的にも持ち運びしやすくて、バッグに忍ばせておくにはちょうどよい製品だと思います。

残念なのはUSB-Cの差込口の位置。

コンセントの場所や位置によっては、USB-Cのケーブルがさせないようなこともあるように想像します。

これは改善していただければ。

まとめ

安く買えてよかったです。

持ち運びやすい上に、1台でACアダプターにもモバイルバッテリーにもなる、ということで、バッグに1つ入れておきたい製品だと思います。

もう少し小さくなると更に良いんですけどね。

あとUSB-Cの位置。

今後に期待します。

そしてこういう便利グッズを求めていたという方、オススメです、これ。

そうそう充電スピードもまずまずで、良いです。